飲食店40代パート・アルバイトに採用されるには?面接のポイント

 

 

こんにちは!

現役飲食店長のタカハシコウジです!!

 

今回は「飲食店40代パート・アルバイトに採用されるには?面接のポイント」です。

 

以前は飲食店と言えば20代や30代が中心で、40代はパートの方くらいだったのですが、

リーマンショック以降状況が変わってきました。

 

アルバイト 

 

それまでは40代の男性のアルバイトはあまりいなかったのですが、倒産やリストラ、

正社員での働き口の激減のため、40代の方のアルバイトやパートの応募が非常に多くなりました

 

私のお店も現在でもアルバイトやパートの募集をかけると、必ずといっていいほど

40代の方の応募があります。

 

しかしハッキリ言いまして、飲食店での店長などの経験がない限り、

20代や30代に比べると40代は不利です。

 

そんな40代でも飲食店のパートやアルバイトに採用される秘訣を面接でのポイントと

併せてご紹介していきます。

 

40代を必要としている職場か見極める

 

スポンサードリンク



 

まずは面接以前の問題ですが、実際に求人をしている職場が40代を雇用するつもりがあるのか

見極めなければ、応募自体がムダになってしまいます。

 

最近では法律により、アルバイトでも年齢制限がしづらくなっています。

 

しかし実際に40代を雇用するつもりがない場合には、求人広告などに

20代、30代が活躍中」などと敢えて希望の年代を暗に示すようにしています。

 

そのような記載のある求人広告に応募しても、ムダになることが多いので、

このあたりの見極めがまずは必要です。

 

40代のパートやアルバイトの面接での服装は?

 

まずは面接の服装です。これは簡単に直せることですので、ご参考にしてください。

 

わたしは個人的には面接の服装は清潔感があれば、必ずしもスーツは必要ないと思います。

 

しかし、40代の方は面接にスーツなどできるだけフォーマルな服装で行ったほうがいいでしょう。

 

やはり40代の方の武器と言えば、これまでの人生経験です。それをアピールするためには

落ち着いたフォーマルな服装のほうが映えます。

 

必ずしもスーツである必要はありませんが、あまりにラフな服装ですと

かえってマイナスになることもありますので。

 

またヒゲや鼻毛、口臭などは人一倍お気を付けください

 

20代では多少なりとも許されることであっても、社会経験を積んだ40代では

許されないこともあります。

 

職務経歴書は好感!!

 

飲食店のパートやアルバイトの場合、通常であれば履歴書のみで職務経歴書は必要ありません

 

しかし、社会経験の豊富な40代の場合は履歴書のみでこれまでの職務を

すべて記載するのは不可能です。

 

また募集要項には「履歴書のみ」とあるのにも関わらず、職務経歴書を持参することは、

自主性などの面でも絶好のアピールになります。

 

つまり「言われなくとも動ける」ということのアピールにつながります。

 

しかも、条件のいい仕事であれば応募の倍率も高くなることから、

多くの人がやらないことをやってくることは他者との差別化にも繋がります。

 

わたしも実際に職務経歴書を持参した40代の方の面接をしたことがありますが、

やはり「意識が高い」ということになりました。

 

これはぜひとも参考にしてもらいたいですね。ちなみに職務経歴書は通常通り、

PCで作成したほうがいいです。

 

できるだけハキハキと喋る

 

大きな声でハキハキと喋ることは、どの業界の面接でも必要なことでしょう。

 

しかし飲食店では、お客様へのあいさつ等、かなりの元気の良さが必要となってきます

 

逆に面接で小さな声でボソボソと喋る方は、非常に不利になります。

 

特に40代の男性でアルバイトの面接に来る方は、これまでリストラや倒産を

経験している方も少なくなく、自信を喪失しているように思われる人もいます。

 

そういう人は、なおさらハキハキとした対応が必要となります。

どうしても、その仕事が欲しいのなら、訓練してでも自分の喋り方を変えましょう。

 

なるだけ長期間働けることをアピール

 

スポンサードリンク



 

40代のパートやアルバイトの方の一番のセールスポイントといえば、

長期間働くことができる点でしょう。

 

学生などの場合には学校を卒業したらほぼ辞めますが、40代はそのような事情はありません。

 

しかも生活がかかっていますので、ちょっとやそっとでは休みませんし、

シフトも安定してきます。

 

なので、このあたりは最大限にアピールしましょう

 

間違っても面接で、「正社員での就職が決まるまで」などとは言わない方が無難です。

 

求人をかける費用も1回数万円はかかりますので、できるだけ短期間で

辞められたりするのはお店にとって打撃です。

 

しかも「正社員として就職が決まるまで」でしたら、もしかしたら半月後や

1か月後に辞められるかもしれないと思ってしまいます。

 

以前、わたしが担当した40代のアルバイトの方の面接で、

「PCは初心者ですが、ネットビジネスで食べていけるようになるまでは働く」

といった方がいました。

 

長期間働くことができそうでしたし、人間性もよかったので採用しましたが、

実際にその方は2か月後に正社員の就職が決まり辞めていきました

 

実はその方は、最初から正社員の仕事が決まるまでの腰かけのつもりだったのですね。

 

わたしは「やられた」と思いましたが、同時に要領のよさに感心しました。

最初から「正社員の就職が決まるまで」でしたら、もちろん採用していません。

 

やられたほうはたまりませんが、このようなご時世です。

少しでも条件のよい仕事を勝ち取るためには、バカ正直にはならずに

多少のハッタリもアリかな~とも思います。

 

協調性があることをアピールする

 

40代の方を採用することで、もっとも心配なのは

周りの若いスタッフたちとうまくやっていけるか」ということです。

 

以前に正社員として会社勤めなどをしていた方などは、

部下みたいな年のスタッフと一緒に働くことから、その適性も面接で試されます。

 

特に飲食店の初心者の方などは、最初は若いスタッフに仕事を教わることになります。

 

会社勤めの際には、「部下とよく飲みに行った」などの事例を出して

「若手からは信頼されていた」「うまくやっていた」などとアピールすることは好印象です。

 

とにかくこの点は謙虚さを前面に出して、上手にアピールしてください。

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ